美白の薬について【皮膚科・市販薬】

このエントリーをはてなブックマークに追加   
美白の薬なんて存在しない。
と思うかもしれませんが、存在はしています。

シミ治療目的で皮膚科を訪れると、
美白成分を持つ薬が処方されます。

代表例はトラネキサム酸
トランサミンという名前の薬の場合もありますが、
成分的に見るとトラネキサム酸とほぼ同じ物です。

製薬会社によっては、
名前が違うこともあるというだけの話のようです。

皮膚科によっては保険が適用されることもあり、
その場合、市販のトラネキサム酸を購入するよりは安上がりかと。

皮膚科で美白化粧品を紹介されたり
販売されたりということは滅多になく、
内服薬中心の治療になるのが主流みたいです。

言ってみれば、あくまでも治療であって
美白ケアではないということなのでしょう。

市販薬では、

エスエス製薬『ハイチオールC』と『ハイチオールC プルミエール』
エーザイ『チョコラCC』
第一三共ヘルスケア『システィナC』

などが美白の薬に分類されます。
これらは第三種医薬品なので、サプリメントではなく薬になります。
いわゆるビタミン剤ですね。

各製薬会社の違いは、成分とその配合率です。
ビタミンCが多めだったり、Lシステインが多めだったり、
製薬会社によって使われている成分やその配合率に微妙な違いがあります。

どれかが抜きん出ているということはないので、
ドラッグストアで安売りしている物を選ぶくらいの気軽さで選んで良いと思います。

ちなみに、シミの中でも肝斑に限った市販薬もあります。
第一三共ヘルスケアから出ている「トランシーノ」がそうです。
肝斑のケア・治療がしたい、でも、皮膚科に行く時間が取れない。
そんな人に向いている市販薬ではないでしょうか。

ビタミンCと、Lシステインが両方入っている医薬品で、
ロスミンローヤル」というものがあります。

これは、医薬品である女性用保健薬の錠剤ですが、
国内で唯一、小じわ・シミに効く医薬品として認められています。

大量生産がむずかしい調合バランスと製造のため、
下記の公式サイトからの限定の購入となりますが、
シミやそばかすに悩む方にとっては、もっとも望んでいる
効果がでる商品だと思います。

シミや小じわを薄くする効果以外にも、
にきびや肌荒れ、肩こりや腰痛、めまい、耳なり、冷え性、
肉体疲労などの場合の栄養補給などの効能もあります。

興味がある方は、公式サイトをぜひご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ロスミンローヤル
ロスミンローヤル

このエントリーをはてなブックマークに追加